名古屋経営会計専門学校5号館学生ラウンジ

名古屋経営会計専門学校学生コンテンツスペシャルサイト

モンゴル語

モンゴル食べ物

モンゴルの伝統的な食べ物は、白い食べ物と赤い食べ物の2つに分けられています。白い食べ物は家畜の乳から作られた乳製品、赤い食べ物はお肉のことを指します。

赤い食べ物

モンゴルでよく食べられる肉は5種類あります。牛、羊、ヤギ、ラクダです。その中で羊肉よく食べています。

羊肉からボーズやチャンサンマハやホーショールは人気です。

ボーズは刻んだ肉を小麦粉の皮で包んで蒸した料理です。
モンゴル料理の代表格です。

 

 

おすすめの料理

制作者 :ひらがなネット 公式チャンネル

白い食べ物

 

白い食べ物は家畜の乳から作られた乳製品の中ヨーグルトやチーズやアイラクとかミルクから作った食べ物です。

馬ミルクから作っはとアイラク呼ばれます。伝統的な作り方は牛の皮に馬乳を入れます。木の棒で何千回も攪拌させてアルコール発酵させていきます。田舎暮らしでいる人や家族が交代でかき混ぜたり、罰ゲームとして負けた人が混ぜたりします。

 

 

 

ソース画像を表示

 

 

モンゴルのアイラクの作り方を元に日本でカルピス発想して生まれたこと有名です。

 

 

モンゴルの食文化

 

 ·
 制作者:ゆっくりいよかん

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です