名古屋経営会計専門学校5号館学生ラウンジ

名古屋経営会計専門学校学生コンテンツスペシャルサイト

グルメ コバ・ヤシグルメツアー

第2回グルメつあー

こんちはー2回目です

池下のラーメン屋に行ってきました。

その名も・・・

 

一番星

http://www.ichibanboshi.biz/

ビルの中にありました

18時から5時まで営業しています。

 

 

一番星とは

夕方、最初に見え始める星。宵の明星。 「 -見つけた」

 

 

 

 

 

30年ほど前に栄に、いや名古屋に初めて熊本ラーメンを持ちこんだ店です。

今では名古屋に4店舗もあるみたいで繁盛してそうですね。

左上から名駅、栄、池下(今回行ったとこ)、道徳となっております。

ん?

この4つのマークになにか違和感を感じないだろうか。。。

長考した結果ある一つの真実、いや創業者の意図に気づいてしまいました。

それは・・・

これです。

真上から名古屋を見下ろし、一番星を線でつなぐとなんとTの文字が浮かび上がってきたではありませんか!!?

このTとはなにか・・・勘のいい方ならもうお気づきでしょう。

そう、Tとは

 

 

 

 

豚骨(TONKOTU)の頭文字Tを指していたのです。

それもそのはず熊本ラーメンは❝豚骨ラーメン発祥の地である福岡県久留米市より熊本県玉名市を経て熊本市を中心に広がったラーメンです。(ホームページ引用)だからです。 

創業者の-TONKOTU-にかける熱い想いが汲み取れましたね

Q.E.D-証明完了

 

 

さあ入店だ!

開店6時ちょうどに行きましたが誰一人おらず貸切状態でした。

一番混むのが深夜の1時~2時なので飲み会の〆や仕事終わりに来る方が多そうですね。

ちなみに僕が食い終わったらサラリーマン3人方がご来店しました。

 

いざ注文

 

ラーメン(700JPY)

専門店なのでこれが普通のラーメンです。かっこいいですね

 

いざ実食

 

・・・するとでも思っていたのか?

ライス(150JPY)餃子(400JPY)

オラ、オラ、オラァ!炭水化物の3連コンボだドン!(フルコンボだドンッ!(高音))

 

僕はラーメン屋にいったら大体この3つは頼みます。というか皆さん頼みますよね?ラーメン屋三種の神器ですもんね

え?ラーメンにご飯??と思ったそこの貴方

 

 

ラーメンライスとは

❝ラーメンライスは、ラーメンとライス(飯)を組み合わせたセットメニューのこと。

ラーメンに飯を添える理由は、ラーメンだけでは量を満足できない客に向けたものと考えられている[1][2]。単に食べる量を増すだけなら麺を増やして大盛りのラーメンにする方法もあるが、大盛りでは麺とスープのバランスが釣り合わず、食べている途中で麺がのびてしまうといったことから麺のかわりに飯を添えたものとの解釈もある[2]。北海道札幌市のラーメン店・味の三平は、かつてラーメンだけでは足りない客に飯を出しており、若い客が「ラーメンライス」と注文したことが全国に広まったことがラーメンライスの始まりと語っている[3]。ほかにも、東京都新宿区馬場下町の蕎麦屋・三朝庵の「支那そばライス」が元祖という説もある[4]

塩気の強いラーメンのスープが飯のおかずに適しているとの意見もあり[2]、味の濃い徳島ラーメンはラーメンライスで食べるのが標準的とも言われる[5]。ラーメン店によってはラーメンと飯のセットに加え、漬物などのサービスが加わることもある[6]

貧しさの象徴として劇画や漫画などに良く登場するメニューであり、世間体を気にする人はこのような取り合わせを決して選択しないとの声もあるが、本来ラーメンはそれ自体で一つの食事をまかなうことのできる料理であり、それを飯に対する副食にすることは豪華な食事といえるとの解釈もある[7]

1985年6月には、普通のカップラーメンと乾燥米を別々の容器に入れた『らーめんライス』がまるか食品から発売された[8] (wikipedia引用)

 

 

ラーメンライスを美味しそうに食べる人の動画も貼っておきますねhttps://youtu.be/iWktWd0em5s

 

 

完飲ッ!

えー完飲した感想ですが・・・スープがとても美味しかったです。

豚骨ラーメンと聞くとどうしても脂っこいというイメージが湧いてくると思われますが、このラーメンは生姜と焦がしにんにくがたくさん入っていてなおかつ背脂が少ないので卍こってりだけどあっさり卍という絶妙なハーモニーを醸し出してくれます。(飲み会の〆を想定しているからなのでしょうか)

僕はラーメンのスープは半分くらい残す人間なのですがご覧の通りすべて飲み干してしまいました。

餃子は一口サイズにまとまっており、野菜が多めに入っているものの肉汁のジューシーさ、食べごたえのある感じがありこちらも美味しかったです。(あとライスが茶碗いっぱいについであるのもイイネ・)

 

最後に

僕がお店を出る前に大将の川原誠一郎さんが笑顔で話しかけてくれました。

また行こうと思いました。

飲食における。。。接客の重要性を学べました。

感謝ッ!

 

 

返信する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

名古屋経営会計専門学校1年生です。 趣味はオシャレ、ダンス等々 握力は90あります。 世界大会優勝経験アリ。 50メートル走8秒5 右投げ右打ち